艦内神社ノ世界

艦内神社とは何なのか?

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Share on Facebook0
概要
艦内神社の神殿の例

艦内神社の神殿の例

 「艦内神社」とは艦の武運長久や安全を祈願して海軍艦艇内に設置された「神棚・祠」である。神を祀る場所として「奉齋所」とも呼ばれる。
 軍施設内に設けられた営内神社というものがありその一種でもある。これらは法令上は「私邸内神祠や邸内社(第内社)」と分類されており、神社と呼ばれながらも法令上的には家庭内神棚と同等ではあった。
 しかし、海軍艦艇の場合は単純に神社のお札をお備えしただけではなく、そのほとんどが元になった神社で分霊式を行っており 1、定期的に艦内神社の例祭も行われていた記録がある。また、艦内神社から神社を創建した例 2もあり、神棚といえどかなり特殊な扱いになっていたことが伺える。
 だが、艦内には専任の神主はおらず、専門的な祭礼は軍港等への入港時に近くの神社から神職を呼んで行っていたようである。

 艦内神社はその多くが所謂「神棚」の形で設置されている。戦艦など艦内に余裕がある艦では、神社本殿を模した大きな模型が神殿として載せられていることもあったが、駆逐艦や潜水艦など艦内に余裕がない艦ではごく小さなものであった。
 よく誤解されているが、戦艦・巡洋艦だけではなく駆逐艦・潜水艦・水雷艇等の小艦艇にも艦内神社は存在している。それらの多くは海神系の神社 3 を祀っていたものと思われるが、公開資料が少なく全貌は分かっていない。

艦内神社の歴史と選定

 艦内神社は1905年の日露戦争の頃には設置が始まっていたようだが、この頃の詳細な記録はまだ見つかっておらず、1911年頃竣工の戦艦安芸あたりが神殿&分霊の揃った「艦内神社」といえるものが最初に奉祀された記録となる。 4

 基本的には艦名由来の地区から神霊・神殿の寄贈があったのだが、それが無かった艦では乗組員が自発的に神殿を制作して皇大神宮や明治神宮などの崇敬神社 5や海神系の神社を奉祀したりしていたようである。
 大正年間はまだ艦によって祀ったり祀らなかったりとまちまちであったが、昭和の初め頃には駆逐艦や潜水艦、水雷艇等も含めたほぼすべての艦が竣工時に慣例として艦内神社を載せる方向になっていったようである。

艦内神社決定のプロセス

 選ばれる神社は艦名にちなむ神社があればその神社(氏神神社 6)を、なければ天照大神か大山祇神社や金刀比羅宮などの海神を祀る様になっていた。一部には祭神の縁起より名前を重視する傾向もあり、中には重巡高雄のように和気清麻呂(護王神社)を祀るような艦もあった。
 選ばれた氏神神社はその地元から艦艇へ贈り物をしたり、逆に艦艇から乗組員が訪れたりなどして、度々交流があった記録が残っていたりすることもある。

 しばらく慣例で進められていた艦内神社の設置だが、1940年11月に出された海軍諸令則艦船部隊官衙學校等に於ける祭神奉斎に関する件において、初めて海軍内の規則として艦内神社の設置が義務付けられることになった。とはいえ大体この頃は既に「天照大神(基本的には皇大神宮)+氏神神社」を祀る形として完成しており、改めて制度化されたものである。
 特に皇大神宮(伊勢神宮内宮)については計697艦(※陸軍・海軍を含んだ合計と思われる) 7に神宮別大麻 8を授与した記録が残っており 9、それまで載せていなかった艦艇も含めて、ほぼすべての艦艇に載せられたものと思われる。

海軍艦内神社の終焉

 海軍艦艇には欠かせなかった艦内神社だが、敗戦とGHQによる神道指令等により急速に闇へと葬られることとなっていく。
 特に神社にあった海軍と関連のあるものは処分されてしまったり、海軍側にあった資料にしても破棄や接収などでその多くが行方不明になってしまった。
 乗組員や神社の口伝が最後の鍵だったのだが、これも戦後70年、奉祀からはもはや1世紀近く経過しており関係者もほとんど残って居らず。今からその全貌を明らかにするのは非常に困難となりつつある。
 もっと早くから研究されていれば…とは思うのもの、当時の情勢的にも仕方ないのは確かで、研究者は粛々と穴掘りを進めているのが現状である。

次:全貌不明の艦内神社の世界

Tweet about this on TwitterShare on Google+0Share on Tumblr0Share on Facebook0

Notes:

  1. 分霊式を行っていない可能性がある艦もあるのだが、まだよく判明していないところも多い。
  2. 戦艦香取から分霊した彩帆香取神社 Wikipedia:彩帆香取神社
  3. 香川県金比羅神社・愛媛県大山祇神社・福岡県宗像神社等
  4. 発見できた記録では1909年の軍艦鹿島だが、神殿についてが不明
  5. 血縁、地縁的な関係以外で個人の特別な信仰などにより崇敬する神社。
  6. いわゆる地元の神社。艦の場合は「艦名にちなむ神社」となる。
  7. 太平洋戦争に参加した海軍艦艇は合計637艦(戦前竣工254艦・戦中竣工383艦)
  8. 伊勢神宮のお札のこと。実際のところ別大麻を通して天照皇大神の威光を拝戴するもので分霊とは違うのだが、事実上受ける側は分霊と同等に扱っていたという。
  9. 神宮・明治百年史 上巻(1968年):神宮司庁 P429
Top